f:id:torikura:20160214211643j:plain

機能について提案させていただきます。

例えばこんな電化製品があります。


f:id:torikura:20160214211706j:plain

フットスイッチといいます。
延長ケーブルやタップと同じ種類の製品です。
電源の間に挟んで設置することで、足で踏むだけでON/OFFを切り替えられます。

このことによるメリットは屈む動作を極端に減らせることです。
コタツやこういった照明などはコードの途中にスイッチがあるものがほとんどです。


f:id:torikura:20160214211747j:plain


屈んで手に取って操作する動作も、1日1回使用することを想定すればON/OFF合わせて毎日2回必要です。

こういった動作を「踏む」という単純な動作に置き換えることで、ストレスを軽減して素早く次の動作に移ることが出来ます。

このような「機能」に重点を置いて生活を組み立てるように心がけてはいかがでしょうか。

続きます。


ちなみにフットスイッチには

複数の家電の電源を一度に操作できる
部屋が暗くても操作できる

といったメリットもあります。
便利ですよ。