今、自力高血圧改善のために糖質制限の記事に書いていますが、

   私が自力で高血圧を改善することができた大きな要因には、

    ❶糖質制限ダイエット

    ❷ヘルストロン(高電位治療器)

    ❸酵素玄米・よい水・お茶

 

   の3つを継続できたことだと思っています。

   特に運動ができにくい私にとって、

   ヘルストロン(高電位治療器)はとてもありがたいものでした。

 

   私にヘルストロンを紹介してくれた方からの治療効果を上げるコツです

        f:id:syosakoi:20151130230013j:plain

  

 1,ヘルストロンは継続するとことが大切です。

  ヘルストロン治療は、わずか30分から1時間座るだけのことなのですが、

  毎日継続することはなかなか大変なことです。

 

  自宅にヘルトロンを購入している方はいいのですが、

  ハクジュプラザや病院・公共施設のヘルストロンを利用している方は

  施設にいくまでの時間も必要なので、つい面倒になってしまいます。

 

  仕事が忙しくなったりして時間がとれなくなると

  しだいにヘルストロン治療を受ける間隔が長くなってきます。

 

  ヘルストンは一度や二度、座っただけで効果を自覚できることは稀です。

  

    f:id:syosakoi:20151130230754j:plain

      電位治療器は電気を直接流す治療とは異なり、

      高電圧によって発生させた電界の中に身体を置く治療器で

    「高電圧でからだ全体を包み込むことで、体外と体内の電圧差に

     よって血液の流れをスムーズにすることで治療効果を得られる」

      原理になっています。

     

       血液の流れをスムーズにするのですから、

      とても一朝一夕に効果が現れることはありません。

   1日30分でも継続して利用することにより、効果が期待できるのです。

 

   2、ヘルストロンは座るだけで健康になる魔法の椅子ではありません

    治療の効果があがらないと言われている方の中には、

     ヘルストロンに座っているからと安心して

    食事や運動について全く気を配らない方がおられます。

 

    気を配らないばかりでなく、飲酒やラーメンなど

    健康に逆行する行動とったりするなどでは、

    いくらヘルストロンでも効果は少ないと思われます。

 

    ヘルストロン治療には、

    バランスのとれた食事+適度な運動+ゆとりある精神の三位一体

    を加えることで、さらにヘルストロンの効果が高まります。

       f:id:syosakoi:20151130231644j:plain 

 

 3、好転反応を乗り越える。

    基本的にヘルストロン治療により

   身体に不都合な症状が現れることはないのですが、

   一時的に膝が痛くなったり、頭痛を感じる方がおられます。

 

  これは、症状が改善する前に一時的に現れる好転反応だと言えます。

   一時的に症状が悪化したことを気にされて、

   以後ヘルストロン治療を中止してまう方がおられます。

 

   もちろん、個人差がありますので、

   体質的にあわない方もおられるかもしれませんが、

   間隔をあけて少しずつ身体を慣らしていく感覚で

   治療を受けていただれば長い目でみるとプラスになると思います。