駅員と警察官

2017/11/11

 お や お や    う わ き で す か ? ・・・というわけでも ありませんが 警察官も 独特の美しさがありますね・・・・。 こういう ちょっと街が不安な時期でもあるので なんとなく おまわりさんの爽やかな顔をみると きゅんとします。 若い巡査が せなかにおじいさんを背負って 夕暮れの パトロール うつくしい場面だなと思って つい撮ってしまいました すみません。 寒い中 おつかれさまです。 また、駅員と警察官がいっしょに写っている写真 というのが ありますが そういうときの 「風情」の違いに ときめきます。  駅員は駅員らしく 静かに立っており・・・  警察官は 警察官らしく 明るく輝いている・・・・ そのコントラストに ひかれます・・・どっちかを選べといわれたら うーん うーん 困っちゃうな・・・・・制服を着て 帽子をかぶって お仕事に励む人は すてきです。駅員と 警察官を 両脇に 置いて 川の字になって 銀河を見上げて 眠りたいです・・・いい夢 見れそう・・・・。 ★ 6月12日(日)の「文学フリマ」正式にブースを出すことが決まりました。 場所は京急蒲田のPioです。 がんばってCD-R作りますね(←停滞中ですが・・・・) 明日もびみょうにお仕事?です。このところの東京は寒すぎますね。寒すぎて、鼻の穴から涙が出てきます。はやく暖かくならないかな・・・・。 ♪